ホトリ「錆と廃墟展 vol.2」を終えて

ホトリ公募展「錆と廃墟展 vol.2」のまとめを。


展示の様子です。
c0299360_0585798.jpg


タイトルは「Crossing」
横須賀市田浦に残る旧日本海軍の航空機の修理工場として使われていた建物。
赤錆が激しいです。
田浦は現代と戦争の痕跡が交差する町。
激動の当時に思いを巡らせ、今の平和を噛みしめながら歩きました。

四つ切ワイドのプリントをマットを使ってA3のフレームに入れました。
実は以前ポパイカメラさんの展示で使ったフレームを再利用。
写真は自分の仕事場でお店プリントです。

ホトリさんでちょっとアクシデントがあって展示初日と2日目からフレームの色をがらりと変えてます。
初日に見た人は印象が違うかも(*´з`)




元画像。
c0299360_0565687.jpg

建物の大きさがまもるさんによって伝わるかと。
あえてまもるさんを使ったのはこうやってまもるさんを撮っていられる今の平和のありがたさのイメージもあります。

横須賀は戦争遺跡、遺構が数多く残る場所ですが、開発によってどんどん消えて行っているのも確かです。
歴史の証明である遺構。
保存できるものはしてほしいものですがそうもいかないんでしょうねぇ。

展示写真に合わせて作ったフォトブックはこちらで見られます。


今回出展を決めて、戦争遺跡で絡めたいのでここしかないな!と思いついた場所です。
戦時中、軍用線として使われていた廃線も残っているので、鉄のまもるさんにも興味持ってもらえました。
撮影が楽しかったです(*^_^*)

感想ノートを設置しておりました。
みなさん感想をありがとうございました。
こんなに凄い赤錆を見たことがない。
人物がいることで建物の大きさが伝わる。
まもるさんの衣装が赤錆に合っている。
・・・等
まもるさんがいい仕事をしていて好評でした(笑)
人物を入れる人はいないだろうとあえて狙って人物を入れました。
はい、私だけでした(笑)

他の出展者のみなさん、はかない廃墟の美しさを見事に作品にしてらっしゃいました。
それぞれ細かいこだわりがあって廃墟って奥が深いなぁと勉強になりました。
私は戦争遺跡マニアであって廃墟マニアではないです。


c0299360_135725.jpg


今回も参加してって声をかけてくださったホトリ室長Saorinさんありがとうございました。
寒い中お越しくださったみなさんありがとうございました<(_ _)>
出展されたみなさんとも色々お話できて楽しかったです。


スタンバイトーキョーでは引き続き展示中です。
こちらもよろしくお願いいたします。
ポパイカメラ主催公募写真展『Winter season vol.2』
場所:JR東京駅構内1階、東北新幹線南改札前
「STANDBY TOKYO」内のカフェギャラリー
展示期間:2018年 1/31(水)~ 2/20(火)
営業時間
7:00~22:00(月~土)
7:00~21:30(日・祝)
※最終日は展示入れ替えの為21:30まで



by photo-kioku | 2018-02-07 02:17 | 告知 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://photokioku.exblog.jp/tb/29244927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 4173-55 at 2018-02-07 15:12
こんにちは!!
錆びた波板。。。大好物です!!
色々な表情の波板だけを額に入れて飾ってみたいです。
でも。。。
理解してくれる人いるでしょうか。。。
Commented by photo-kioku at 2018-02-07 18:25
>4173-55さん
こんにちは。
わかります(笑)
錆によって表情豊かになりますよね。
いいと思います(*^_^*)
名前
URL
削除用パスワード
<< about you【10】 箱根へ >>